1から始めるプログラミング

1から始めるプログラミング

初心者でも応募できるプログラミング求人とは

プログラマーの求人には「システム開発経験1年以上」といった条件がつけられている場合がほとんどですが、初心者でも応募できるプログラミング求人も存在します。
多くは、1ヶ月・3ヶ月程度の研修を受けて、その研修の中で仕事で必要となるプログラミングの知識を身につけ、研修を受講した後に正式採用となるというものです。研修中も給料がもらえるのがメリットです。
未経験者OKとなっていても、ほんとうにプログラミングの知識がゼロという人では採用は難しいでしょう。プログラマーは決して楽な仕事ではないので、業界への興味と関心があることが重要になります。それまでひとつも勉強をしてこなかった人が「興味、関心があります」といっても説得力はありません。
未経験者を採用する理由には、業界の人手不足といった理由もありますが、多種多様な経験と知識を持った人を採用したいという理由もあります。例えば、英語力のあるプログラマーを育てるなら、プログラマーに英語を学ばせるよりも、すでに英語ができる人にプログラミングを教えたほうが早いと言う話があります。なにかスキルを持っている人は有利になります。

プログラミング未経験可の求人とは

非エンジニアがエンジニア、プログラマーを目指すとき、プログラミングの勉強を自分で勉強、もしくは、学校に通うことで、最低限のスキルを身につけてから。と考え、なかなか手がつけられなかったり、実際役に立つレベルのスキルは身につかないといったことも多々あるかと思います。 自分で勉強する以外の方法として、プログラミング未経験可の求人に応募し、現場で学ぶという選択肢もあります。その場合、入社してから勉強するという形になるのですが、昨今のエンジニア不足を背景に、本気で目指す人、ポテンシャルの高い人(数学に強いなど)を採用し、育てるという考えで求人を出している会社もあります。本気でそのように考え、育ててくれるのであれば、お給料をもらいながら、スキルを身につけ、成長できるとても良い環境です。但し、エンジニアとひとことに言っても、多くの種類の仕事があり、入社してみたら、ひたすらテストをやるだけだった、実際に自分で手を動かし、プログラミングを行う機会がなかった。といったこともあり、よくわからないからと言って、深く確認せずに入社を決めることは危険です。チャンスは大いにある選択肢ですが、わからないことはよく確認し、注意しつつもスキルを身につけることを目指すことが重要かと思います。

おすすめWEBサイト

大阪のマンションリフォーム

最終更新日:2017/8/4