1から始めるプログラミング

1から始めるプログラミング

プログラミングに英語能力は必要か

プログラミングというと英語のような文字列が表記されていて、プログラミング言語というだけあって英語の能力が必要なのではと思う方もいらっしゃるかと思いますが、必ずしもそうではありません。変数などを命名するときに知っているとわかりやすくなるという面はありますが、そのような基礎的な英単語ははじめから知っているか作業を重ねるうちに覚えていくものです。
 しかし、もしプログラミングを専門にしていこうとお考えならばその能力はあって損はありません。というのもネット上でプログラムの技術について調べごとをするときには、英語で表記された説明を読む必要が出てくることがあるからです。もちろん日本語で書かれている場合もありますが、そうでない場合も多々あるのが現状です。プログラミングをしている時には、自分で考えるよりもネットで調べた方がはるかに早いということもよくあることですので、これらの作業はなかなか避けては通れないと考えた方が良いでしょう。
 ただ技術的な内容の文章はその技術用語を知っていると概略をつかみやすくなりますので、それらの調べ物をしていくうちに技術に関する英語の能力があがりやすいという面もあります。

プログラミングと英語学習の意外な関係

プログラマといえば英語が得意そうなイメージがある人も多いかもしれません。しかし、実のところは日々のプログラミングから知識を身につけている人も多いのです。ここではプログラミングと英語学習の関係を紹介します。
まず、プログラム言語とは、コンピュータが理解できる0と1の命令文を人間が理解できる言語に置き換えたものです。そして、多くのプログラム言語は、英語を母国語とする人々によって作られたため、プログラミング言語で使われる単語は英単語がほとんどで、命令文の文法は、英語の文法に非常に近いです。そのため、業務上、デバッグなどでソースコードをたくさん読んだり、実際にプログラムを書いたりすることで自然と文法力を身につけることができます。また、美しいコードを書くためには、変数名や関数名にわかりやすい名前をつけるセンスも求められます。英単語や構文をうまく使って変数名をつける必要があるため、ここでも英文を書く能力を高めることができます。

Valuable information

京都で成人式前撮り

Last update:2017/7/27